大人用紙おむつからのモレで困ったとき、まずはおむつのここをチェック!

夜間の排尿量が多く、おむつから尿がモレてしまうときに、「尿とりパッドを何枚も重ねる」という方法をよくお聞きします。しかし、それでは隙間ができて、おむつからのモレを誘発してしまいます。

おむつからのモレは、おむつのことだけでなく、排尿量や皮膚トラブルの解消などおむつを必要とする人のからだや生活全体を見ていくことが大前提ですが、おむつのことでまず試していただきたいのが、「サイズが合っているかを確認する」ということです。

今回は、初めて介護をする方に、大人用紙おむつのサイズ選び方をご紹介します。

<関連記事>
おむつ選びナビ①身体機能に合わせた排泄アウター選び3つのポイント

ぴったりのサイズを選ぶことはモレを防ぐために重要です!

ぴったりのサイズを選ぶためには、まず、大人用紙おむつを使用する方のからだのサイズを測りましょう。パンツタイプはウエストまわり、テープ止めタイプはヒップまわりを測ります。

大人用紙おむつのサイズの範囲を確認しましょう

大人用紙おむつのサイズを選ぶとき、多くの方は普段の洋服や下着のサイズを目安に選んでいると思いますが、大人用紙おむつと洋服では、サイズの範囲が大きく異なります。商品のパッケージの範囲表示を確認して、大人用紙おむつを使用する方のからだに合ったサイズを選びましょう。

リフレのサイズの範囲表示を一例としてご紹介します。製造メーカーによってサイズの範囲は異なります。また同じ製造メーカーでも商品によって異なる場合がありますのでご注意ください。

  • パンツタイプのサイズの範囲表示

大人用紙おむつのパンツタイプのサイズの範囲表示は以下の通りです。(リフレの場合)

  • テープ止めタイプのサイズの範囲表示

大人用紙おむつのテープ止めタイプのサイズの範囲表示は以下の通りです。(リフレの場合)

パンツタイプは、足まわりのサイズにも注意!

パンツタイプでは、ウェストで合わせると足まわりがブカブカになるという方もいらっしゃいます。テープ止めタイプのように、あて方で調整ができないからです。

ウェストで合わせると足まわりがブカブカの場合は、足まわりで合わせ、お腹まわりに少し切り込みを入れる等の工夫をしてみるのも一つの方法です。また、最近はパンツタイプも種類が増えていて、足まわりまでフィット感のあるボクサー型のものもあります。

テープ止めタイプは、下のテープが止まる位置で選びましょう

テープ止めタイプのぴったりサイズは、下のテープ根元の青い接着部分を目安とします。(リフレの場合)

【サイズが大きすぎる】
真ん中でテープ同士が重なる場合は大きすぎるため一つ小さいサイズをお選びください。

【サイズが小さすぎる】
下のテープを止める際、根元側の青色の接着部分がお肌に触れる場合は、ひとつ大きいサイズをお選びください。

<関連記事>
大人用紙おむつの種類と使い方<テープ止めタイプ編>

まとめ

おむつからのモレで困ったとき、おむつのことでまず試していただきたいのが、「サイズが合っているかを確認する」ということです。ぴったりサイズを選ぶことは、おむつからのモレを防ぐために重要だからです。

まずは、大人用紙おむつをご使用になる方のからだのサイズを測ることから始めましょう。次にパッケージに記載されているサイズの範囲表示を確認してぴったりサイズを選びます。体型に合ったサイズを選ぶことは、おむつからのモレを防ぐだけではなく、スキントラブルの軽減にもつながります。

ただ、「おむつから尿がモレる」のは、単におむつだけの問題ではありません。ご本人の生活全体を見ていくことで解決するべき問題が見えてきます。そのためにも、ご本人の生活全体を見ていくことが大切です。

<関連記事>
おむつ選びの前に考えるべきこと。むつき庵・浜田きよ子先生にインタビュー。