必ずおさえておきたい『介護を続けるためのコツ』とは?

育児と違い介護が大変な理由に、「いつまで続くかわからない」という現実があります。10年以上も続くこともあれば、数カ月で終わることもあります。そこには、体力も精神力もある程度の経済力も必要になります。どうすればそんな不安は解消されるのでしょうか?

家族だけで「頑張らない」で。

例えば、親の介護が必要となった場合。自分を大切に育ててくれた親だから、最初のうちは、昼夜もいとわず一生懸命介護することもできるかもしれません。しかし、それが何年にも及ぶとなると、介護する側も人間ですから、時にはつい不安や不満がたまって恨みたくなることもあります。最初は頑張って介護していたけれど、介護疲れで共倒れ、といったことにもなりかねませんし、先の見えない介護は心身ともに大変なものです。

「頑張らない介護」は、「介護しない」ではない。

だからこそ「頑張らない」と決めることが大切だと、高齢生活研究所代表の浜田きよ子さんは話します。

「頑張らない」というのは決して「介護しない」ということではない。「自分だけで頑張らない。家族だけで頑張らない」ということ。そのためには介護保険を上手に使うことや親戚などに相談すること、地域にあるサービスの情報などを入手することが肝心だ。使えるものはしっかり使って、介護者の心身の負担を軽くすること。周囲の元気は本人の元気に比例するといっても過言ではない。

まとめ

「こどもには迷惑をかけられない」「私が頑張らなきゃ」と頑張りすぎて、過労で共倒れなんてことになれば、それこそ大変ですよね。介護される方の人生はもちろん、介護する人の人生だって大切。家族や親戚、介護保険や地域サービスをうまく使い、介護者の負担を軽くして、続けられる介護を目指しましょう。「使えるものを上手く活用する」ということも、立派な介護のひとつなのです。

記事協力:高齢生活研究所代表 浜田きよ子さん

出典:浜田きよ子著「介護の常識」講談社

関連記事
【介護未経験者必見】介護前に知っておきたい、たった1つのこと。
介護離職に待った!介護と仕事を両立する方法とは
どこまでのことがホームヘルパーに頼めるの?