介護のためのおむつのヒント

しっかり洗えていない事がかゆみの原因かも?陰部洗浄の手順

スキントラブルの予防のために

陰部に排泄物(尿・便・汗)が付いたまま、長時間放置すると陰部が不潔になったり、感染症や赤味・かぶれになりやすくなります。スキントラブルの回避や日々の生活を不快なく過ごすためにも、1日に1回は陰部洗浄をおすすめします。
スキントラブルは、薬を塗って解決するのではなく、正しいお肌のケアで防げるかもしれません。

準備するもの

※室内の温度にも注意しましょう

 

陰部洗浄の手順

汚れが残っていると細菌が尿路に入って尿路感染症を引き起こしかねません。肛門周辺には大腸菌等の菌類が存在します。
肛門を洗ってから尿道を洗うと尿路感染の原因になることもありますので洗浄する時は、細菌が尿道に入らないように上から下へとぬるま湯を流し、しっかり汚れを落としましょう。

【陰部洗浄の方法】
①おしりの下に吸水シーツを敷きます。
②汚れたおむつをバケツに入れます。
③空き容器などに入れたぬるま湯を陰部にかけます。
(温度に注意しましょう)
④石けんを泡立て手袋をした手か専用タオルでやさしく洗います。
*洗浄料はなるべく弱酸性のものでよく泡立てて、なでるように洗います。
⑤その後、ぬるま湯でしっかり流します。
*洗い残しに注意!特に陰毛の生えている場所は便が付着しやすく、かゆみを
生じやすいので、しっかり洗い流しましょう。
⑥最後に熱い蒸しタオルで拭くとサッパリ!
*ゴシゴシこすらないで、やさしくぽんぽんと押さえるように
拭き取ります。
⑦保湿ローションやクリーム等で保湿し、できれば保護クリームを皮膚全体に塗布します。

清潔に保つことでご本人の気分転換になったり感染予防にもなるので毎日のケアをすることが大切です。
リラックス効果もあり、コミュニケーションをとりながらの清潔ケアはさっぱりした気持ちになりますので、明るい気持ちになりますね