介護のためのおむつのヒント

知っていると対処できる!大人用紙おむつモレの4つの原因

大人用紙おむつを使っている方から、「朝起きたら、布団まで濡れている…」「座っていて車いすまでぐっしょり…」「大人用紙おむつのパッケージに高吸収って書いていたのに、1回の排尿で外まで漏れた…」などのご相談がよく寄せられます。衣類や寝具を濡らさないために、いやだけど我慢してつけている大人用紙おむつ。それにもかかわらず、漏れてしまったら、介護する人も介護される人もとても傷つきます。そんな悲しい思いを繰り返さないために、大人用紙おむつからのモレの原因を一緒に考えてみませんか?

ひとくちに「大人用紙おむつからの尿漏れ」といっても原因はさまざま

「大人用紙おむつからの尿漏れ」とひとくちにいっても、その原因はさまざまです。大人用紙おむつのサイズが合っていないこともあれば、尿とりパッドの吸収量が使用する時間に対して少な過ぎたために尿が漏れてしまうこともあります。また大人用紙おむつの当て方が適切ではなかったり、不快感から、本人が手を入れたことで隙間ができて漏れていたり、排泄アウター(パッドを固定するもの)と排泄インナー(尿パッド)の組み合わせが悪くても漏れたという場合もあります。

尿漏れにつながる4つのおもな原因

このように大人用紙おむつからの尿漏れにはさまざまな原因があります。では、原因別に詳しく見ていきましょう。

  • 原因①サイズが合っていない

パンツタイプやテープタイプの大人用紙おむつは、大きいほうが尿をたっぷり吸収すると思って、大きめのものを使用している方がいます。ですが、からだに合ったサイズでないと隙間ができて、そこから尿が漏れることがあります。まずは、本人に合ったサイズの大人用紙おむつを使用することが大切です。

からだのサイズより小さい排泄アウターの場合は、皮膚への圧迫が強くなり、赤みやかぶれの原因となりますので注意しましょう。

  • 原因②排泄アウターと排泄インナーの組み合わせが悪い

排泄アウターの中に大き過ぎる尿とりパッドを入れると、排泄アウターの立体ギャザーの内側に尿とりパッドがおさまらず、はみ出して漏れやすくなります。

  • 原因③吸収量があっていない

本人の失禁量にあった吸収量の大人用紙おむつを使用していないことで、尿が漏れてしまうことがあります。使用した時間の失禁量とどこがどのように濡れていたかを排泄アウターと排泄インナーを図にして記録するようにしておくと、日中、夜間の失禁量に合った吸収量の尿とりパッドを選ぶ目安となります。

  • 原因④適切な使用法・あて方ができていない

大人用紙おむつの適切な使い方ができていないため、尿が漏れることがあります。尿漏れを防ぐのに大切なことは立体ギャザーの使い方です。立体ギャザーがついている尿とりパッドは、必ず立体ギャザーを立てて使用しましょう。なぜなら、立体ギャザーを立てて使うことで横からの尿漏れを防ぐことができるからです。具体的には、パッドの端を持って、ピンピンと引っ張りましょう。そうすることで自然と立体ギャザーが立ってきます。また、からだにあてるときに立体ギャザーが内側に倒れないように、足の付け根に沿うようにあてるのがポイントです。

「おむつから漏れるから、尿とりパッドを重ねて吸収量を増やそう」と思いがちですが、尿とりパッドを重ねることで尿漏れを防ぐことはできません。尿とりパッドを重ねると、排泄アウターの立体ギャザーがうまく働かずにあふれ出たり、重ねることですきまができたりして、かえって尿漏れがひどくなります。

尿漏れが発生したら、丁寧に観察して原因を探す

尿漏れには、さまざまな原因があって、それぞれに違った対策があります。

  • 何が漏れの原因かを見極めるために、以下の2点を確認しましょう。
  1. どこからどのように、どれくらい尿が漏れていたか
  2. 尿とりパッドに吸収した量はどれくらいか

そうすることで、何が原因で尿漏れが発生するのかを探しやすくなります。さらに、使っていた時の姿勢を記録しておくと原因が絞りやすくなるかもしれません。日ごろから、排泄記録表に記録をつけ、その方の排泄のリズムをつかんでおきましょう。

まとめ

ひとくちに「漏れ」といっても、大人用紙おむつからの漏れの原因はさまざまです。排泄アウターのサイズはあっているか、排泄インナーの吸収量は適切か、適切な使用法や当て方はできているかを確認しましょう。

漏れが生じても「漏れたから、この排泄アウターと排泄インナーはダメ」では解決しません。おむつからの尿漏れを繰り返さないために、どこからどのように、どのくらい漏れたか、尿パッドにどれくらい吸収したか、使っていた時の姿勢はどうだったかを丁寧にみていきましょう。日ごろから排泄記録表をつけ、その方の排泄のリズムをつかんでおきましょう。