季節の果物を包んだ人気の大福を手作りしましょう

20分

難易度 ★★

印刷する

材料(2人分)

白玉粉 ----- 20g
白あん ----- 80g
----- 25ml
片栗粉(くっつき防止) ----- 適量
イチゴ ----- 24g(2個分)
砂糖_上白糖 ----- 20g

介護食メモ

やわらかく伸びる求肥で季節の果物を包む

電子レンジを活用することで、簡単に求肥をつくることができます。餡と甘酸っぱい果物の相性は抜群!お好きな季節の果物を包んでいただきましょう。

*求肥を作る際のポイントは、電子レンジで一気に加熱しないこと。こまめに10~20秒ずつ加熱して混ぜる、を繰り返すことで、きれいに仕上げることができます。
*求肥はもっちり感があるため、召し上がる方の飲み込む力(嚥下機能)に合わせてお作りください。

作り方

下ごしらえ:
  • あんで包みやすいように、イチゴのサイズは小~中サイズを選ぶ。
  • 耐熱ボウルに白玉粉を入れ、水を半量加えてゆるめのぺースト状になるまで混ぜる。

(1)求肥をつくる

1)白玉粉ペーストに上白糖を加え、残った半量の水を少しずつ加えながら混ぜます(水を全部入れてしまわず、とろとろになりすぎないように注意しましょう)。 2)電子レンジで30秒ほど加熱し、ヘラで混ぜ合わせながら上白糖を溶かします。さらに10秒加熱しては混ぜるを、コシと透明感がでるまで数回繰り返します。

(2)イチゴを包む

丸めた白あんを左手の手のひらにのせ、右手のふくらみを利用してやさしく押し当て、円形を保ちながら広げていきます。その上にイチゴをのせてきれいに包み、お団子状に形を整えます。

(3)形を整える

(1)の求肥は、片栗粉をふるったバットにのせて粗熱を取ります。適量を取り分け、外側がつるんときれいになるように丸めたあと、中に(2)のあんを包み整えます。

(4)盛り付ける

半分に切って中身が見えるように盛り付けます。

成分

エネルギー

156kcal

糖質

30g

鉄分

1.3mg

カルシウム

32mg

タンパク質

4.8g

亜鉛

0.6mg

ビタミンB6

0.01mg

食物繊維

3g

炭水化物

33g