介護のためのおむつのヒント

おむつ選びナビ②女性は要注意!モレ・お肌にも関係する排泄アウターのサイズ選び

おむつを選ぶ際には、内側で尿を吸収する「排泄インナー(パッド)」と排泄インナーを止めるために使う「排泄アウター」に分けて考えることが第一。今回は、からだのサイズにぴったり合った「排泄アウターの選び方」についてご紹介します。

最適な排泄アウターの選び方とは?

おむつ選びを間違えると、モレを発生させるだけではなく、おむつの費用が高くなったり、スキントラブルが起きたり、ご本人の座った時の姿勢を崩したり、動きを阻害したり…、暮らしに様々な弊害が起きてきます。

そのようなトラブルを避けるためにも、排泄アウターを選ぶときは、「トイレ(またはポータブルトイレ)で排泄できるか」、「排泄インナー(尿パッド)の使用や交換ができるか」、「布か紙、どちらが使いやすいか」というポイントを押さえ、ご本人の身体機能に合ったおむつを選ぶのが良いことは「おむつ選びナビ①」でお伝えしました。

形と素材が決まれば、次はどのようなことを意識して選べば良いのでしょうか?

形と素材が決まったら、重要なのがサイズ選び

おむつからのモレを防ぐために、排泄アウターのサイズ選びが大変重要です。概ね、パンツタイプはウエストサイズ、テープタイプはヒップサイズが〇〇~〇〇cmと適用範囲で表記されています。ですが、いつものサイズ選びで本当に大丈夫なのでしょうか?

女性の方が、「私はいつもMサイズだから、紙おむつもMサイズを…」というのは、実は要注意!なぜなら、紙製アウターの場合は男女兼用のものが多いので、普段着ている婦人服のサイズ設定とは、適用範囲に違いがあるからです。

比べてみたら、こんなに違う適用範囲

おむつと婦人服で、サイズ表記と適用範囲の違いを調べてみました。(単位:cm)

出典:全日本婦人子供服工業組合連合会ホームページ

  • 『リフレ簡単テープ止めタイプ横もれ防止』と婦人服のヒップサイズ表記を比べてみると…

 

 

⇒サイズの名前も適用範囲も大きく違うことが分かります。

 

  • 『リフレはくパンツ』と婦人服のウエストサイズ表記を比べてみると…

 

 

『リフレはくパンツ』の方が、適用範囲が広くなっています。また、大きいサイズになればなるほど、サイズが合わなくなっています。例えば、婦人服のLサイズを見てみると、はくパンツのMサイズの適用範囲にすっぽりと含まれます。一つサイズダウンできる可能性が高いです。

サイズ表記ってすべての紙おむつメーカーで統一しているの?

紙製アウターのサイズ表記は、各メーカーで統一されていません。そのため、注意が必要です。

たとえば、薬局でおむつの特売日に「今日はリフレが安いのね。今までアテントのM(適用範囲ヒップ70cm~95cm)を使っていたから、リフレもM(適用範囲ヒップ77cm~110cm)を買おうかしら」という場合、もしかすると、サイズが合わない場合があるからです。

このように、SやMなどのサイズ表記はあくまで目安ですので、普段履いている下着やズボンのサイズにとらわれず、適用範囲の数字を確認し、体型に合った排泄アウターを選択しましょう。ぴったりのサイズを選ぶことは、モレを防ぐためにもお肌のためにも重要です。

どのサイズが合っているかわからなければ、リフレお客様相談室に連絡してサンプルで試してみましょう!

リフレお客様相談室 0120-271-361
受付:月曜~金曜(祝日を除く)午前9時~午後5時】

 

まとめ

おむつからのもれを防ぐために、アウターのサイズ選びはとても重要です。パンツタイプはウエストサイズ、テープタイプはヒップサイズで選びましょう。サイズ表記はあくまで目安ですので、普段履いている下着やズボンのサイズにとらわれず、適用範囲の数字も確認して、からだのサイズにぴったり合った排泄アウターを選びましょう。