高齢者も安心して食べることができるソフトなお餅をどうぞ。

15分

難易度

印刷する

材料(2人分)

里芋(冷凍可) ----- 1個(50g)
市販つぶあん ----- 80g
きな粉(1個分にかける量) ----- 2g
----- 少量
上新粉 ----- 10g

介護食メモ

お餅の食感を里芋で再現

お餅が食べたくても、のどに詰まる危険性から食べれない方におすすめ。お餅の代わりに里芋を使ってふんわりの里芋餅を使りました。摂食状況に合わせてつぶあんをこしあんに差し替えてください。通常のきな粉が口の中に残る心配がある方は、口の中で溶けるきな粉も販売されていますのでご活用ください。

作り方

下ごしらえ:
  • 冷凍里芋は、ゆでてやわらかくしておく

(1)里芋をつぶす

里芋は竹串がすうっと入るまで、ゆでて熱いうちにつぶして、網に置いてへらでつぶしながらなめらかにします(裏ごしといいます)*ミキサーやブレンダーで混ぜると粘りが出てまとまりませんのでご注意ください。

(2)団子を作る

里芋は、上新粉と少量の水を加えて混ぜ、耳たぶ程度の硬さにまとめ、沸騰したお湯でゆでます。浮き上がってきたらあげて、いったん水にくぐらせ、ペーパータオルで水気をとります。

(3)あんこで団子を包む

あんこを手のひらで丸めてあん玉を作り、少しずつ平らにして5~6㎝くらいまで広げて里芋団子を包みます。

(4)仕上げる

好みにあわせてきな粉をかけて完成です。

成分

エネルギー

160kcal

塩分相当量

0g

糖質

30.8g

鉄分

1mg

カルシウム

18mg

タンパク質

4.1g

亜鉛

0.6mg

ビタミンB6

0.07mg

食物繊維

3.2g

炭水化物

34g