胃腸を整え、疲労回復がはかれるため夏場にピッタリ!

誰でも介護食レシピ 簡単レシピ

25分

難易度

印刷する

材料(2人分)

冷凍のむきあさり ----- 30g
大根 ----- 1/5本 (200g)
大根の葉 ----- 2本(30g)
お出汁 ----- 180ml(180g)
砂糖 ----- 小さじ1杯 (3g)
薄口醤油 ----- 大さじ1杯(18g)
みりん ----- 大さじ1杯(18g)
片栗粉 ----- 大さじ1/2(4.5g)

059_food

介護食メモ

煮物のとろみのつけ方の目安

煮汁(100ml)に対して、片栗粉小さじ1杯~大さじ1/2杯を片栗粉の2~3倍の水で溶くのが目安です。煮物の仕上げに水溶き片栗粉をまわし入れ、全体を混ぜながらとろみがつくまで加熱します。片栗粉の量は、煮汁の量や食べる人の飲み込みやすいとろみの濃度になるように加熱しましょう。 参考文献:山田晴子. “とろみのつけ方の目安”. 絵で見てわかる かみやすい飲み込みやすい食事のくふう.女子栄養大学出版部, 2010,15

作り方

下ごしらえ:
  • 大根は2cm角のサイコロ状にカットする
  • 大根の葉も2cmくらいの長さにカットする
  • 片栗粉 大さじ1/2を水で溶いて、水溶き片栗粉をつくっておく
 

(1)大根を下茹でする

鍋に水をはり、そこにカットした大根を入れて下茹でします。爪楊枝をさしてすっとさせるまで下茹でします。下茹でした大根はざるにあげます。
059_01
 

(2)大根とあさりを煮る

お鍋に180mlのお出汁と調味料(薄口醤油 大さじ1杯・みりん 大さじ1杯・砂糖 小さじ1杯)を入れて沸騰させます。沸騰したら中火にし、大根とあさりを入れて煮ていきます。
059_02
 

(3)大根の葉を入れる

大根が軟らかくなったら大根の葉を入れて軽く火を通します。
059_03
 

(4)最後に水溶き片栗粉であんにします

大根の葉がしんなりとしてきたら、水溶き片栗粉をいれ、あんにして完成です。
059_04
 

ここがポイント

大根を早く柔らかくするためには、電子レンジで5分程加熱するとよい。あんにする事で味を濃く感じられます。あんにする事でお出汁も摂取でき水分補給にもなります。貝の風味もプラスされるため薄味にしても美味しく食べれます。

成分

エネルギー

69kcal

塩分相当量

1.8g

鉄分

1.4mg

カルシウム

77mg

タンパク質

2.4g

亜鉛

0.4mg

ビタミンB6

0.11mg

食物繊維

1.9g