自宅に流し缶がなくても、手軽にできる冷たいおやつ

15分

難易度

印刷する

材料(2人分)

粉寒天(黒こしあん用) ----- 2g
黒こしあん(市販) ----- 60g
粉寒天(白こしあん用) ----- 1g
白こしあん(市販) ----- 30g
抹茶 ----- 少々
----- 少々

介護食メモ

暑い日にも喉を通りやすく、短時間でできるおやつ

買ってくることの多い水ようかんですが、自宅でも手軽に作ることができます。2色ようかんの場合、下段のようかんが8~9割くらい固まったら、上段を流し入れましょう。上下が離れずに接着できます。冷やした水ようかんは、暑い日にも喉の通りがよく、食欲回復のきっかけになればと思います。高齢者と一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

作り方

下ごしらえ:
  • 黒あん用の寒天を水で溶いておく
  • 白あん用の寒天は、抹茶と一緒に水で溶いておく
  • 清潔な牛乳パックを4cmの高さに切り、正方形の枠を手作りする

(1)黒あんを加熱する

鍋に水で溶いた寒天、黒こしあん、塩を入れて弱火にかけヘラで混ぜながら溶かします。鍋のふちがフツフツして30秒ほどしたら火を止めて型に流し入れます。

(2)粗熱をとり、常温で固める

(1)のあんの粗熱を取り、8分くらいまで固めます。

(3)白あんを加熱する

鍋に水で溶いた寒天と抹茶、白こしあんを入れて弱火にかけ、ヘラで混ぜながら溶かします。鍋のふちがフツフツして30秒ほどしたら火を止めて(1)の上に重ねるように流し入れます。

(4)冷やし固める

粗熱をとって、冷蔵庫で30分ほど冷やします。食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付けます。

成分

エネルギー

74kcal

塩分相当量

0.5g

糖質

9g

鉄分

1.3mg

カルシウム

19mg

タンパク質

4.5g

亜鉛

0.5mg

食物繊維

4.7g

炭水化物

13.7g