介護ワーカーの強い味方「アイソカルアルジネード」の効能とは?

看護・介護の現場は、体力勝負。「毎日忙しくて、元気が出ない…最近疲れが顔に出ていると言われるし。でも、今日も一日がんばらないと!」と元気を振り絞って働いている方も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめの飲み物があるんです!

手軽にアミノ酸アルギニン補給!

そこで、ご紹介したいのが、ネスレヘルスサイエンスの「アイソカルアルジネード」です。アイソカルアルジネードは、医療現場でも今、大注目のたんぱく質を作る重要なアミノ酸の一種であるアルギニンをたっぷり2,500mg配合し、さらにビタミン、ミネラルなど女性に嬉しい栄養素もプラスしたアルギニン滋養飲料です。

たんぱく質って私たちのからだにどんな影響を与えているの?

たんぱく質は、三大栄養素のひとつであり、生きていくために特に重要な栄養素です。体重の約1/5をしめ、血液や筋肉などの体をつくる主要な成分であるとともに、酵素などの生命の維持に欠かせない多くの成分になります。また、エネルギー源として使われることもあります。食品から摂取したたんぱく質はアミノ酸に分解され腸から吸収されます。

アルギニンはどんな効果があるの?

アルギニンは、からだの中でたんぱく質を作る重要なアミノ酸の一種で、大切な栄養素です。成長ホルモンの分泌促進や血流促進などに効果があると言われています。また、外傷、骨折など、傷の治りを早めます。これはアルギニンの血流促進による酸素供給量、栄養補給量の増加以外に、アルギニンがコラーゲンの沈着を増強させる効果があるためだと考えられています。そのため、褥瘡(床ずれ)や外傷、感染症などの侵襲下においては、補給が必要な「条件付必須アミノ酸」として摂取することが推奨されています。

アルギニンって寝たきり対策のものじゃないの?

「アルギニンと聞くと、ベッドなどで同じ姿勢でいることが多い方が飲むものというイメージがある」という方もいるかもしれませんね。たしかに、体力や免疫機能など身体能力に余力のない高齢者は、いったん病気になると急速に寝たきりへと移行し、褥瘡(床ずれ)のリスクが高まります。そのため、最も効果的な褥瘡(床ずれ)予防は、日ごろから適切な栄養を摂取し、寝たきりを防止することです。しかし、アルギニンは成長ホルモンを増やすとともに、コラーゲンの生成にも関与しているため、体内でのコラーゲン量をしっかり保つことにより、若々しいお肌を保つことが出来るので、寝たきりの方の褥瘡(床ずれ)予防だけでなく、健康な方の毎日の健康増進や美容にも効果を発揮するのです。

アルギニンを摂取するには何を食べたらいいの?

肉類、ナッツ類、大豆、玄米、干しぶどう、牛乳、カニなどに多く含まれていますが、たくさんの量を摂るには工夫が必要です。ちなみに、アルギニンを2,500mg摂るためには、牛乳なら約2,400ml必要です(出典:食品成分表2012,女子栄養大学出版部)。

肝心のお味はいかに?飲んだ人の感想をご紹介

味は、きいちご、みかん、青りんごの3つから選べます。実際にアイソカルアルジネードを飲まれた方にご感想をお聞きしました!

飲まれた方のご感想:

「飲み続けたら元気が出そうだと思った」

「手術後、アルギニンを摂取した患者さんの傷の治りが良かったという話を聞いたことがありました。よく冷やすと飲みやすいです」

「果実の甘味だけではなく酸味もあって、後味がすっきりしていました」

 飲まれた印象としては、おおむね好評のようですね。ハードな毎日でも、いつまでも若々しく、元気に過ごしたい。そんな方におすすめの滋養飲料「アイソカルアルジネード」。ぜひ一度お試しください。

まとめ(主な特徴)

  • たんぱく質5g(うちアルギニン2,500mg)
  • ビタミンA,C,Eやミネラル(鉄・亜鉛)含有
  • 程よい酸味で飲みやすい3つの味わい

 

関連記事
【実例紹介】尿モレの多い寝たきり男性が、紙おむつを使わなくなるまで。
知っていると対処できる!おむつモレの4つの原因
おむつ選びナビ①身体機能に合わせた排泄アウター選び3つのポイント