腰痛のお話 その1 『腰痛は人類すべての悩みです』

人類は二足歩行を始めた時から、腰痛に悩まされていたのかも知れません。月(にくづき)に要(かなめ)と書く「腰」は、まさに身体の要(かなめ)。立つ、歩く、座る、寝る、起き上がるなど、私たちのあらゆる動作の中心的役割を果たしています。この酷使される腰をいたわり、腰痛を防ぐにはどうしたらいいか、一緒に考えていきましょう。

腰痛のお話 その1 『腰痛は人類すべての悩みです』
腰痛のお話 その2 『腰はどこから曲がる?』
腰痛のお話 その3 『腰痛を予防する動き方』

腰痛について調べてみよう

腰痛は病名(疾患名)ではありません。腰部を主とした「痛み」や「はり」などの不快感といった症状の総称です。誰もが経験したことのある痛みで、介護・医療従事者の方の中にも、腰痛持ちの方は多いと聞きます。腰痛の原因は、一体どんなところにあるのでしょうか?

腰痛の85%は原因が特定できない

レントゲンやCT、MRIなどの検査で、腰痛の原因が特定できるものを「特異的腰痛」、原因が特定できないものを「非特異的腰痛」と呼びます。例えば、ぎっくり腰は、腰を構成する組織のケガであり、腰椎捻挫(ようついねんざ)又は腰部挫傷(ようぶざしょう)と診断されます。しかし、厳密にどの組織のケガかは医師の診察や検査でも断定できないため非特異的腰痛と呼ばれます。腰痛の約85%はこの非特異的腰痛なのです。

KT1-2

原因が特定できる特異的腰痛の種類

医療機関を受診する腰痛患者の15%は、原因が確定できる特異的腰痛といわれています。その内訳は、腰痛自体よりも座骨神経痛を代表とする脚の痛みやしびれが主症状の疾患である腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症がそれぞれ4~5%、高齢者の骨粗鬆症の方に多い圧迫骨折が約4%、結核菌も含む細菌による背骨の感染(感染性脊椎炎)や癌の脊椎への転移など背骨の重篤な病気が約1%、尿路結石や解離性大動脈瘤など背骨以外の病気が1%未満です。

痛みの源がわからないのが非特異的腰痛

椎間板や椎間関節、仙腸関節といった腰椎の関節部分、背筋など腰部を構成する組織のどこかに痛みの原因がある可能性は高いところですが、どこが発痛源であるかを厳密に断言できる検査法がないため、痛みの起源を明確にすることが難しいのです。骨のずれ(すべり)やヘルニアなどの画像上の異常所見があっても、腰痛で困っていない人はいますし、逆に、腰痛の経験があっても画像所見は正常な場合もあります。画像上の異常所見は必ずしも痛みを説明できないことが理由の一つです。

ぎっくり腰等の非特異的急性腰痛は、初期治療を誤らなければ多くは短期間でよくなりますが、一度発症すると、その後長期にわたり再発と軽快をくり返しやすいことが特徴です。

腰痛のお話 その1 『腰痛は人類すべての悩みです』
腰痛のお話 その2 『腰はどこから曲がる?』
腰痛のお話 その3 『腰痛を予防する動き方』

まとめ

私たちの身体の要(かなめ)である腰。さまざまな要因で腰痛は引き起こされます。しかし、原因が特定できるのは腰痛のわずか15%に過ぎません。特にぎっくり腰は一度発症すると、その後長期にわたり再発と軽快を繰り返すことが知られています。腰痛にならないよう予防を心がけることが重要です。次回は「腰が曲がる仕組み」についてお話しします。

参考:社会福祉施設における労働災害防止のために~腰痛対策・4S活動・KY活動~ 厚生労働省
関連記事
介護ワーカーの強い味方「アイソカルアルジネード」の効能とは?
【着るだけで腰の負担が軽くなる】女性の力仕事をサポートするインナー登場。
データで見る介護の現在・過去・未来 その5「高齢者の生活環境」