介護のためのおむつのヒント

排泄の基礎知識(排尿編⑥):トラブル予防の体操・訓練 [膀胱訓練]

排尿トラブルの中には、簡単な体操やちょっとした心がけで症状を抑えたり予防できたりするものもあります。排尿トラブルが心配な方は、毎日少しずつチャレンジしてみましょう。健康な方は、多少おしっこを我慢しても大丈夫です。ガマンの時間を少しずつ伸ばす訓練をしてみましょう。

●排泄の基礎知識(排尿編①):数字で見る排尿の基本
●排泄の基礎知識(排尿編②):排尿のメカニズム~入口から出口まで~
●排泄の基礎知識(排尿編③):知っておきたい「男女の違い」
●排泄の基礎知識(排尿編④):排尿障害のタイプと対策
●排泄の基礎知識(排尿編⑤):トラブル予防の体操・訓練 [骨盤底筋群体操]
●排泄の基礎知識(排尿編⑥):トラブル予防の体操・訓練 [膀胱訓練]

膀胱訓練は、頻尿の方などにおすすめ!

できるだけ排尿を我慢することで膀胱に溜めることのできる尿量を増やすトレーニングを、「膀胱訓練」と呼びます。トイレが近い、回数が多い、我慢できないでモレるなど、切迫性尿失禁の方、頻尿傾向の方におすすめです。これらのお悩みをお持ちの方は、少しでも症状を改善するために、ぜひトライしてみましょう。

膀胱訓練のポイント

①排尿記録をつけて、排尿パターンをつかむ

まずは自分の排尿パターン(間隔、量)を知りましょう。排尿チャートを使うとわかりやすいです。

②少しずつ排尿間隔を長くする

自分のおおよその排尿間隔がわかったら、1週間単位でトイレに行く間隔を伸ばしていきます。例えば、通常1時間に1回トイレに行く方は、「1時間15分に1回トイレに行く」ようにします。1週間後は、「1時間30分に1回トイレに行く」ようにする、といった具合です。

膀胱訓練

膀胱訓練は、1ヵ月半~3ヶ月程度で効果が出るのが一般的です。それでも症状が改善されない場合は訓練方法の見直しや停止、泌尿器科の受診をおすすめします。

●排泄の基礎知識(排尿編①):数字で見る排尿の基本
●排泄の基礎知識(排尿編②):排尿のメカニズム~入口から出口まで~
●排泄の基礎知識(排尿編③):知っておきたい「男女の違い」
●排泄の基礎知識(排尿編④):排尿障害のタイプと対策
●排泄の基礎知識(排尿編⑤):トラブル予防の体操・訓練 [骨盤底筋群体操]
●排泄の基礎知識(排尿編⑥):トラブル予防の体操・訓練 [膀胱訓練]

購入ボタン

まとめ

頻尿などのトレーニングに、「膀胱訓練」というものがあります。膀胱訓練は、できるだけ排尿を我慢することで膀胱に溜められる尿量を増やし、トイレの回数を減らしたり、切迫性失禁症を改善したりするトレーニングです。膀胱訓練のポイントは、「①排尿記録をつけて自分の排尿パターンをつかむ」「②1週間単位で少しずつ排尿間隔を短くする」の2ステップで行いましょう。一般的には、1ヵ月半から3ヵ月程度で効果が出ると言われています。